善管注意義務違反とは

善管注意義務違反とは

善管注意義務違反とは、「善管」の「注意義務」に「違反」することです。このうち、「善管」は、「善良な管理者」の略称であり、その仕事を管理する人の職業や社会的、経済的地位から、客観的に見て悪意を持たずに行動する人のことを言います。そのような人が相手と取引を行う場合、法的な落ち度がないように「注意」する「義務」があるわけですが、そこで落ち度があると、抽象的軽過失や客観的軽過失と呼ばれる「違反」が生じるということです。

善管注意義務の違反によって契約に問題が生じた場合、民法644条の「受任者(管理会社)は、委任の本旨に従い善良なる管理者の注意をもって委任事務を処理する義務を負う」という文面を根拠として民法上の過失があると見なされ、取引相手は、損害賠償や契約解除などを求めることができるようになります。しかし、その責任に対する概念は抽象的、流動的であることも事実であり、やはり契約内容よく確認しておくことこそが、最も重要であると言えるでしょう。