増設部とは

増設部とは

賃貸オフィスで店舗や事務所を営む際に、間仕切りや照明、空調設備などについては、既に設置されているものだけでは営業するのに不十分な場合がしばしばあります。このようなケースでは、賃貸物件の所有者(貸主)などと相談をした上で、足りない設備の設置工事を行って補うことになります。この補った部分のことを増設部といいますが、賃貸オフィスの退去時に行う原状回復工事においてこの部分をどのように取り扱うかは、貸主とよく話し合って、認識を共有しておく必要があります。

原則として、賃貸オフィスに設備などを増設した場合は、退去時の原状回復工事においてすべて撤去しなければなりません。ただし、これは増設した理由が借主側の都合だった場合のルールであり、貸主が自らの都合で増設工事を行った場合や、借主が貸主に訴えて設備の増設工事を行ってもらった場合は、その部分の撤去は貸主側の責任で行うべきものとされ、借主に撤去の義務は発生しないとされるのが一般的です。