外張り断熱 とは

外張り断熱 とは

従来の工法では柱と柱の間に断熱材を入れてつないでいたのですが、柱の外側にから住まいをすっぽりと包んでしまうように断熱するのが外張り断熱工法です。

利点はまず断熱材が外側にあるために柱などで切れ目ができなくなるので、安定して高い断熱性と機密性があります。また柱が外と室内の温度差にさらされることが少なくなりますので、結露などを防ぐことが期待できます。また今までデッドスペースとなっていた空間を利用することも可能です。