専有部分とは

専有部分とは

区分所有法では「区分所有の目的たる建物の部分」と定められており、具体的にはマンションの購入した一区画のように、建物の構造上でも、それを利用する上でも独立しており、さらにその部分の所有権が認められている部分を専有部分といいます。その範囲については、区分所有法だけでなく、分譲マンションを管理する標準的規則のモデルとなっている中高層共同住宅標準管理規約によると、「住戸番号を付された住戸」であると明記されています。

ただし、梁、壁、床など建物の強度に関わる構造体そのものは含まれません。その他にも、窓、玄関扉など外部との境界部分も含まれません。多くの方が勘違いをしているのが、ベランダ、バルコニー、専用の庭などです。これは専有が認められているわけではなく、専用に使用することができる部分と位置づけられます。ですから、これらについては所有権が認められいないため、勝手に改造すると規約違反になる場合があります。