損耗・毀損とは

損耗・毀損とは

賃貸契約で気をつけておきたいのが退去時の原状回復についてです。原状回復とは借りた当時の状態まで完璧に元通りにするという意味ではありません。これは賃借人が居住中に発生する損耗・毀損のうち、故意、過失、善管注意義務違反、常識から逸脱した使用による損耗を復旧することを言います。

ただし経年変化や通常の日常生活の中で自然に生じうる損耗については借主に費用負担の義務はなく、毎月の賃料に含まれるものとされています。過去の事例や判例において、何が通常の使用内の損傷で何が故意や注意義務違反にあたるのか細かい点まで争われてきました。

そのため現在では国土交通省によるガイドラインや一定の基準が存在していますが、いまだ線引きは曖昧な部分も多くトラブルに発展するケースが後を絶ちません。入居前に貸主・借主が双方よく話し合い物件の傷や汚れをあらかじめ確認しておきましょう。契約内容を明確にし、不利益な特約がついていないかチェックすることも大切です。