敷地境界線とは

敷地境界線とは

一戸建て住宅が建築されている土地と言うのは、その家の持ち主の所有物となります。
土地には境界線と言うものが有り、境界線で描かれたラインの内側が所有権を持つ土地と言う事になるのです。

また、この境界線の事を敷地境界線と言います。所有している土地が、どこからどこまでが所有対象となるのかを明確にする目的で規定するもので、境界線となる部分には目印を設けて有るのが特徴です。

尚、この境界線は建物を作る時には一定の距離を取ることが望ましいとしてあるのが特徴です。