総合設計制度 とは

総合設計制度 とは

総合設計制度とは、都市計画において定められた制度に対し、特例的に緩和を認める建築基準法の制度です。

政令で決められた一定規模以上の敷地で、なおかつ敷地内に一定の空地が確保されている計画であり、市街地の環境の整備改善に寄与していると認められた場合に許可されます。これにより容積率や高さ制限、斜線制限などが緩和されます。

都市中心部での空洞化に対処するために利用され、土地利用効率の高い高層ビル等を複数建築する事が可能になります。