自然損耗とは

自然損耗とは

自然損耗とは賃貸物件において通常に使用していたとしても発生する避けられない物件の消耗です。例えばフローリングの床の上を人が歩くことですり減った、壁紙が日焼けによって色あせてしまったというようなことは賃貸物件を利用する上で避けられない劣化となりますから、こうした部分が該当することになります。より分かりやすく言えば「経年劣化」となるのですが、この部分は原状回復の費用負担の部分でも特に問題になりやすい部分です。

では原状回復の費用負担に置いてここはどう扱われるべきなのかと言うと、国土交通省の判断では「経年劣化や通常の使用による損耗などの修繕費用は賃料に含まれる」とされています。つまり賃貸物件として契約して借りているのであれば毎月支払う家賃やテナント料の中にこの部分の修繕費用は含まれているわけですから、原状回復が必要になったからと言って借主が改めて修繕費用を支払う義務は無いわけです。こうした経年劣化による価値減少は国土交通省が発行している「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」に明記されていますからあらかじめ確認しておくようにしましょう。