重要事項説明書とは

重要事項説明書とは

不動産の取引をするとき、重要事項説明書が必要となります。この書類には、所在地や面積など物件の詳細な情報と、金額や契約日など取引内容に関する情報が記載されています。契約をする前に、宅地建物取引主任者の資格を持つものが、証明書を提示した上で、記載されている内容の説明をしなければいけないことになっています。

もしも、この説明をしていなければ、取引は無効になることがありますし、記載内容に間違いがあれば、その物件を販売した不動産業者に対して損害賠償請求が行われることもあります。場合によっては業者の業務停止処分が下されることもあるのです。

記載内容に間違いがなく、買い手がその内容を十分に理解すれば、書類に署名捺印が押されて、説明を受けたという証拠になります。トラブルを防止するための書類なのに、内容を要理解せずに署名捺印してしまうと、かえってトラブルの原因となるので慎重に取扱うことが必要です。

ただ、現実では担当者が契約直前で読み上げるだけで説明したとなることも多いので、読み込む時間を買い手に与える不動産業者かどうか、というのが不動産業者の信頼性を判断するポイントとなります。”