C工事【工事区分】とは

C工事【工事区分】とは

共同店舗など、施設内にテナントとして出店したり、ビルでは貸室というかたちでオフィスを構えることがあります。

この時に施設やビルのオーナーにテナントが許可をとり、貸室の内装を工事したり、照明器具や電話配線の工事、間仕切りの設置などといった、テナント側が費用を負担して行う工事のことを、C工事と呼びます。

内装に関連する工事が主で、基本的に標準設備に対しては工事を行うことがありません。工事の施行業者は、テナント側が用意することになります。