J-REITとは

J-REITとは

先日、日本銀行がマイナス金利の採用を発表したのと同時に、世界の投資家から注目を集め始めているのが、J-REITと呼ばれる金融商品です。一言でいえば、日本の不動産に対する投資を意味しているものであり、投資信託に近い部類に属するとされ、不動産投資信託とも呼ばれます。

数多くの投資家から集めたお金によって、日本国内にあるマンションやオフィスビル、商業施設などの不動産を購入します。それから得た利益によって、投資家に還元するというシステムを持っています。日本銀行が始めるマイナス金利政策により、貯蓄から投資へと促されるようになります。よって、ローンなどの金利も同時に低下するため、不動産市場が活発化してくると考えられているのです。

また、数年後に開催予定の国際的なスポーツイベントも控えているため、不動産価格は益々高騰していくと想定されています。つまり、あらゆる金融商品の中でも、今最も注目を集めている商品であると言えるのです。