2×4工法(ツーバイフォーコウホウ)とは

2×4工法(ツーバイフォーコウホウ)とは

2×4インチ、もしくはそれ以上の断面の木材・合板などを接合したものを用いて、建築する工法を指します。
日本における従来の柱を組む軸組工法とは違い、面で建物を支えるのが2×4工法(ツーバイフォーコウホウ)の特徴です。

面で支えるため、柱と比べて地震や台風などの強風に強く、また施工が難しくないことから完成するまでに要する時間がかからないという点も、経済的といわれています。反面、リフォームが容易でない、通気性が低いという欠点も持っています。