代理 とは

代理 とは

不動産の取引態様は、大きく3種類に分類する事ができます。代理とは、そのうちの1種類であり、貸主や売主に代わって不動産の取引を行う業者を意味します。なお、宅地建物取引業者である必要はありません。

しかし、一般的には宅地建物取引業者である不動産業者が、行う事がほとんどです。ちなみに、3種類の取引態様の中では、市場に出回る物件が少ない取引態様とも言われており、最も多い取引態様である仲介と比較するとその差は歴然です。