仲介料とは

仲介料とは

不動産取引に置いて、不動産会社が仲介を行った場合、貸主や借主、売主や買主からは仲介料となる仲介手数料を徴収する事が出来ます。

賃貸契約の中では家賃の一か月分を上限とする仲介手数料を、大家さん側と部屋を借りる側から徴収する事で不動産会社の利益を生み出すことが出来ます。

また、売買物件の場合は売主側と買主側からそれぞれ販売価格の3%と6万円を合計した金額と諸費税を加算して仲介手数料を定め、売買契約が成立した時に仲介手数料が利益になると言う仕組みのお金です。

尚、仲介手数料はアパートやマンションを借りる時、中古の一戸建て住宅や中古マンションを購入する時など、仲介手数料がゼロになったり、通常の半額だけを支払えば良いと言うケースが在ります。

これは貸主側や売主側から徴収している仲介手数料が利益分となりますが、物件を仲介する時にかかる広告費などを節約する事が出来る場合などでは、物件を借りる側や購入する側は仲介手数料がゼロになったり、半額になるなどのメリットが在ります。