地中内障害物・地中埋蔵物とは

地中内障害物・地中埋蔵物とは

地中内障害物・地中埋蔵物と言うのは、建物の基礎を初め、浄化槽や古い井戸などで、地中に埋まっている残存物で、工事の妨げになるものをこのように呼んでいます。

解体工事を行う中で、建物を取り壊した後に、地中を掘り下げる際にこれらの障害物や埋蔵物を発見する事が出来ます。

但し、解体工事における見積りでは地中障害物などが含まれていないケースが多いのが特徴で、障害物が発見された場合は追加の費用をかけて処分をしておくことが大切です。