地中埋蔵物とは

地中埋蔵物とは

地中埋蔵物とは、所有している土地や購入をした土地の地中に以前から撤去されずに残っているものを指し、それは、基礎ではあったり、浄化槽であったり、規模が大きな土地の場合には構造杭であったり様々なものが出てくる場合があります。また場合によっては埋め立てなどで不法投棄されたものなどもあり、通常は発見されることなくそのままの状態になっていることが多くあります。

問題となるのは上屋の解体が行われた場合や建物を新しく建てる場合に出てくることがあり、ここでは、工事費用にも大きな影響があるために困ることになります。土地が取得されてから期間が大きく過ぎている場合においては業者に追加料金を支払い、撤去をしてもらうしか方法はありませんが、新たに購入をした場合には売主側との瑕疵担保について揉めることになります。ある程度の知名度があり信頼性が高い業者の場合には良心的に対応をしてくれますが、そうでない場合には埋蔵物の撤去を実費で行うしか方法がなくなってしまいます。そのためにも売買契約においては特約条項に必ず埋蔵物に関する瑕疵担保を付けて契約を取り交わすことが重要になります。