大規模小売店舗立地法とは

大規模小売店舗立地法とは

大規模小売店舗立地法(大店立地法)は、スーパーマーケットなどの大規模小売店舗の立地や運営方法について規定した日本の法律です。

この法律が立法化された頃、大規模小売店舗に関する規制を定めた法律としては既に大規模小売店舗法(大店法)と呼ばれる法律が存在していました。

大店法は大規模小売店舗の進出に伴う地元の小売店舗等の保護が主な目的となっていましたが、大店法の廃止とともに新たに施行された大店立地法では、地元の生活環境への配慮を大規模小売店舗に対して求めることで、大規模小売店舗と地元との共存・共栄をはかることを主眼においています。