宅地建物取引主任者とは

宅地建物取引主任者とは

宅地建物取引主任者は、資格試験に合格をして、試験を行った都道府県知事に対して登録手続きを行って、証明書の交付を受けた人の事を意味しています。

この資格を持つことで、不動産業の中では不動産売買契約などでの重要事項の説明、重要事項説明への記名および捺印、契約書類への記名や押印などの業務を行う事が出来るようになります。

尚、この資格を持つ人は、事務所毎に従事者5名に対し、1名以上の資格所有者を配置する事が義務付けられているのが特徴です。