宅地建物取引業 とは

宅地建物取引業 とは

宅地建物取引業とは、物件の売買や賃貸を主に行う業種なら、必ず資格取得者が必要になる資格です。宅建とも呼ばれていて、法律関連の公的資格の登竜門とも言われています。

試験の難易度は中級から上級の間ぐらいで、合格率は毎年10パーセント程度の難関資格です。試験対策には予備校などを活用するのが一般的ですが、全体的に難易度の高い法律関連の資格に比べて易しい内容なので、独学での合格も可能な範囲であると言われています。