宅地建物取引業法 とは

宅地建物取引業法 とは

宅地建物取引業法は、宅地建物取引業者を規制するための法律で宅地建物の取引の公正確保や健全な推進、不動産の流通の円滑化等を促すために制定された法律です。

その内容としては、宅地建物取引業の免許に関する規定、媒介契約、契約書の必要的記載事項と任意的記載事項、自らの売主制限、業者の説明義務などの項目を規定されています。

宅建業者が業務を営む上では、必ずこの法律による規制を受け、この法律に違反した場合などには罰則を受ける規定も存在しています。