建物滅失登記とは

建物滅失登記とは

建物滅失登記は、建築物を解体した場合や、地震や火災などの災害によって建築物が壊れた場合に、建築物を失った日から1ヶ月以内に行わなければならない登記手続きのことです。

この登記の申請は、建築物の所有者、所有権の登記名義人、相続人のうちのいずれかの者が、建築物の所在地を管轄する法務局に対して、申請書をはじめとする書類一式を提出することによって行います。申請を怠ると、不動産登記法違反となり、10万円以下の科料に処されるおそれがあります。