徒歩の所要時間とは

徒歩の所要時間とは

不動産の広告などに於いては、最寄駅から徒歩5分、とか、徒歩10分といった記載がされていることが多いものです。しかし実際に歩いてみると明らかにそれよりかかる、と感じている人は多いのではないでしょうか。

その理由は、徒歩の所要時間の測定の基準にあります。不動産の広告などに記載される物の基準は、まず1分あたり80m進むものとし、端数は切り上げて時間を測定しています。さらに、地点間の距離は実際の最短ルートの距離を信号などの待ち時間を考慮せずに計算していることがあります。その為、細い抜け道などが有る場合にはこの道を考慮しているケースも少なくないのです。

さらに、駅などの施設から測定する場合には、物件に一番近い出入り口の部分から距離が測定されています。その為、大きな駅などの場合には注意が必要です。またマンションなどの場合には、一番近い施設の出入り口を到着地点とすることが多いため、敷地の広いマンションや出入り口からから部屋が遠い場合などは注意が必要です。