点検作業とは

点検作業とは

賃貸物件において貸していた人が退去し、その後点検作業を行わなければいけなくなります。無論、もし借主側に瑕疵があった場合にはその費用は借り主側が負担をします。通常は、敷金から差し引く形をとります。

このとき、すでに退去時において部屋の点検は終わっているものです。しかしながら、その後において部屋に何らかの異常が見つかった場合には、修理などが必要になるケースもあるでしょう。こうしたときには点検に関する作業も専門的に行える業者の存在は大事です。

点検では特に水回りなどを中心に行いますが、トイレやキッチン周りなどが排水の関係などもあって特に点検が求められる箇所です。こうしたところを中心にしっかりと見ていきます。水回りはしっかりと見ておかないと、次に入居する人が困ることがあるので、重点的に見なければならない箇所の一つです。また、入居者がしばらくいない場合には、その後しばらく後にまたこの点検が必要になってきます。