特別管理廃棄物とは

特別管理廃棄物とは

特別管理廃棄物とは、廃棄物処理法によって定められた、「爆発性、毒性、感染性その他の人の健康又は生活環境に係る被害を生ずるおそれがある性状を有する廃棄物」のことで、特別一般廃棄物と特別産業廃棄物をあわせた総称になります。

特別一般廃棄物には、エアコンやテレビの廃棄物から出る、PCB使用部品や、医療機関等から排出される一般廃棄物、ダイオキシンを含む燃えかす等が指定をされており、特別産業廃棄物には、廃油や廃酸、廃アルカリ等があります。特別産業廃棄物の中でもさらに特定有害産業廃棄物に分類されるものがあり、指定下水汚水や廃棄されるアスベストがこれに該当します。

該当する廃棄物は処理をするにあたって処理基準が設けられており、自らが処理する場合はその基準に沿って処理を行う必要があり、処理を委託する場合は、特別管理産業廃棄物処理の認可を受けている業者に委託しなくてはならず、通常の廃棄物よりも厳しい規制の下での処理が必要となります。