短期賃貸借の廃止とは

短期賃貸借の廃止とは

2003年の法律改正により、短期賃貸借の廃止が決定されました。では短期賃貸借保護とはどのようなものだったのでしょうか。これは住んでいる人の権利を守るための法律です。賃貸契約が結ばれているにもかかわらず、その物件が競売にかけられた場合には、利用者は困ってしまいます。

そこで所有者が変わった場合にも、借りている人は継続して済むことができ、敷金の返還も要求できるというのが短期賃貸借保護です。しかし、占有屋が横行してことにより廃止の方向となりました。