耐震とは

耐震とは

耐震とは、地震から身を守るための防災対策のひとです。建物を地震から守るため、強い揺れが発生しても壊れないよう、頑丈に建てられた建物の構造に対して言葉です。似たような言葉に、制振、免震といった言葉があります。

いずれも地震から身を守るために使用されるのですが、その方法が少しずつ変わります。免震とは、地面と建物の間に振動を吸収する装置をつけ、地震が発生しても建物に揺れが伝わらないようにした構造です。

制振は、建物の壁や柱に振動軽減装置をつけ、揺れを抑える建物の構造のことを指します。制振、免震はより安全性が高いのですが、コストが高く、最も安価で建てられる構造のものが主流になっています。また、法律の基準を満たすことが義務付けられており、法律が改正された1981年以降に設計の審査を受けた建物は安全性が高いといわれています。ただし、あくまで設計の審査なので、1981年以降に建てられた建物でも適用されていないものがあります。