耐震等級 とは

耐震等級 とは

耐震等級とは、地震などに住宅が耐える力を判断する目安で、3段階に分類されます。

建築基準法に定める対策を施し、数百年に一度起こる震度6から震度7程度の大地震でも倒壊や崩壊しない住宅に等級1が与えらます。建築基準法よりも1.25倍の対策が行われている場合は等級2、1.5倍の場合は等級3となります。

等級1では倒壊を免れても損傷を受ける可能性があり、耐震性を高めている住宅は等級2か等級3を計画して建築されています。