賃貸住宅トラブル防止ガイドラインとは

賃貸住宅トラブル防止ガイドラインとは

賃貸住宅を貸したり、借りたりするときには、様々なトラブルが起きる可能性があります。例えば原状回復義務に関することで言えば、経年劣化や普通の生活をしてつけた傷などは入居者が修繕費を負担する必要はないということになっています。

しかし、どこが家主と入居者の負担を決めるラインとなるのか、その意見が食い違い争ってしまう事が多いのです。そこで曖昧な部分が原因となるトラブルについて、行政が指針を打ちたて円満に解決できるようにしようと作成されたのが賃貸住宅トラブル防止ガイドラインです。

ただ、これは法的な定義をするものではなく、一般的に妥当だと考えられる基準をまとめたものですから、そのガイドラインに従わないものを罰する、といった法的拘束力を持ちません。

しかし、裁判となったときに、このガイドラインの内容に従うよう判決が下されることが多いので、実際のところガイドラインを無視する事はできません。内容を確認したいのであれば、東京都のサイトから文章ファイルをダウンロードする事ができます。