賃貸借面積(契約面積)とは

賃貸借面積(契約面積)とは

賃貸借面積は、賃貸する部屋の面積のことをいい、契約面積とも言われます。賃貸借面積の算出方法は、一般的に壁芯計算で行われ、実際に測った面積とは一致しません。賃貸借面積の方が、実寸面積より大きくなります。

賃貸借面積には、借入者専用スペースのみを指す場合と、エントランスや玄関ホール、廊下などの共用スペースを加えた場合の二つのケースがあります。このどちらに該当するのかも調べましょう。また、物件情報に記されていいる面積は、賃貸借面積(契約面積)がほとんどです。契約する前に、実寸面積も確認しましょう。