都市計画税とは

都市計画税とは

都市計画税は固定資産税同様、地方税の1つとなりますが、住宅などの取得に関して課税される不動産取得税や登録免許税、また、消費税や印紙税などと異なり、保持をすることによって毎年支払う義務が生じることになります。対象としては、毎月1月1日現在で市町村の固定資産税台帳や登記簿などに所有者として登録さている人が該当し、途中期日においての売買に関しては、慣例として当事者間の日割り計算が行われるものの、税法上はあくまでも1月1日の所有者に課税されることになります。

課税は、その物件が都市計画区域の市街化区域に存在する場合のみにかかることになり、これは、都市計画内、または、区域外の全てに課税が行われる固定資産税との大きな違いとなっています。課税標準としては固定資産課税台帳に登録されている価格に対して行われることになりますが、実際の税率に関しては地域によっても違いがあり、上限税率としては0.3%と定められています。