都道府県基準地標準価格とは

都道府県基準地標準価格とは

土地の値段は需給関係により、常に動いていくものです。しかし、それではある地域で不動産取引が行われた場合、場所は殆ど変わらない土地が不動産業者によって大きなばらつきが出てしまう可能性もあります。

そこで基準となる地価を都道府県が決めるべく、不動産鑑定士に依頼した土地の評価を元に、算出した土地の価格が都道府県基準地標準価格となるのです。

評価をするときには、例えば上に建物が建っていようと、更地としての評価を行います。これにより、地価の推移がわかり、また民間の不動産取引の基準が出来て、取引をスムーズに行なえます

似たようなものに国土交通省が年に1回公示する公示地価や路線価というものがありますが、そちらは固定資産税や相続税を決める時の基準となる地価です。それに公示地価では、出されていない土地の地価も、こちらでは扱うことがあります。各地域の標準価格を知りたい時には、国土交通省のサイトで検索システムが公開されているので、いつでも閲覧が可能です。