鉄筋コンクリート造(RC造)とは

鉄筋コンクリート造(RC造)とは

鉄筋コンクリート造(RC造)とは、鉄筋コンクリートを用いた建築における工法の一種で、梁や柱といった建物の主要部分に鉄筋の入ったコンクリートを使う手法を指します。

コンクリートと鉄筋の特性を併せ持ち、耐久性や遮音性に加えて耐震性・耐火性に優れている技術なので、頑丈で安定した建物を建築する際に有用とされています。

ただし、材質の影響から重量が重い為、一般住宅よりも中層・高層の建築物に適している傾向を持ちます。