鉄骨造(S造)/軽量鉄骨造・重量鉄骨造とは

鉄骨造(S造)/軽量鉄骨造・重量鉄骨造とは

鉄骨造(S造)「軽量鉄骨造・重量鉄骨造」とは、建築物の躯体に鉄製や鋼材の部材を用いる建築構造のことで、Sはsteelの略称。

軽量鉄骨造と重量鉄造の違いは、鋼材の厚さの違いです。厚さ6mm以下のものを「軽重鉄構造」、軽量鉄骨で骨組みを組み立てる構法です。そして6mm以上のものを「重量鉄構造」、重量鉄骨造りは強度に優れ、多種の用途の建築構造物に用いられます。2、3階建ての鋼材構造の建物、アパートの多くがこの構法で建てられています。