ワイドスパン とは

ワイドスパン とは

ワイドスパンとは、リビングがあるベランダ側の柱と柱の間の横幅が広いものを言います。居住空間が明るくなるため、とても人気があります。大きさの規定はありませんが、6m幅の間口が一般的なため、7mから8m以上のものがこう呼ばれます。同じ面積の間取りでも、このタイプになれば部屋が広く明るく見えるのが特徴です。人気物件に取り入れられることが多いデザインです。ベランダも広く使えるため、とても開放感があります。