原状回復工事における高額請求の裏側

原状回復工事における高額請求の裏側

原状回復費が高くなる理由

原状回復費が高くなる理由には3つの原因があります。

理由① 中間マージンによって工事費が増えている。

ビルオーナーから原状回復の発注を受けた指定業者(ゼネコン等)は、自分たちでは工事をおこなわないことにあります。

指定業者は下請け業者に発注します。さらに、下請け業者は孫請け業者に発注します。現場の職人や技能士に仕事が発注されるまでに各業者がマージンを抜いていくのです。そのため、トータルコストが高額になります。

理由② 見積りを見ても高い安いの判断ができない。

テナントの入居者(賃借人)が工事単価について熟知していないと、指定業者から提出された見積りの単価が、高いのか?安いのか?その判断ができません。

しかも、指定業者からの見積りには専門用語が多く使ってあります。そのため、工事工数や材料の単価が書かれていてもそれが不当な単価なのどうかが見分けられません。

理由③ 工事が不要な部分まで見積りに入っている。

指定業者によっては、図面上だけで必要な材料を計算して見積りを作成している場合があります。この点について何が問題かというと、原状回復というのは図面だけでは判断できにくい箇所があるのです。

たとえば、「窓」「蛍光灯」「空調」「柱」など、本来は工事が不要な個所があります。つまり、不要な面積分も見積りの計算に入ってしまい、余分な金額を負担をすることになります。

また、「賃貸借契約書」「ビルの貸方基準」で共用部になっているところや、契約上で原状回復費用を負担しなくても良い箇所についても費用を支払っているケースも多くあります。

不当に高額な見積りを請求されないために

まずは、賃貸借契約書、ビルの貸方基準、館内規則(ビル運用のルール)などを分析する必要があります。そして、工事を誰が行い費用を誰が負担するのかといった工事区分を確定させます。

その後、「柱の面積」「窓」「蛍光灯」「空調」など、工事が不要な部分についても明確にして精度の高い査定をしなければなりません。

また、工事の内容や期間で変動する人件費についても、相場を元にして適正な費用を割りだしていきます。

以上のステップを踏んでいくことで、高額な原状回復費用を必要最低限の適正な金額にすることができます。